OWENS CORNING(R)

開く

屋根と耐震性について

TOP > 屋根材 > 屋根と耐震性について

屋根と耐震性について

耐震性の向上にシングル材を

軽い屋根を使用することで建物にかかる力を抑え、
間取りの自由度の向上を実現

軽い屋根で耐震性の向上

同じ建物に対して同じ揺れの大きさの地震が襲った場合、建物が軽ければ軽いほど、建物にかかる地震の力を小さくすることができます。さらに、屋根材が軽ければ、耐震設計に必要な壁の量などが少なくて済み、 その分間取りの自由度が増すことになります。
建物の耐震性は屋根だけで決まるものではありませんが、 軽い屋根材を使用することで建物にかかる力を抑え、 被害軽減につなげることができます。

また、屋根を軽くすると、建物全体における屋根の重さの比重が少なくなり、重い屋根と比較して建物における重心の位置が下がるため、揺れの幅を小さくすることができます。

代表的な屋根材の重量比較
屋根材量 1m2あたり重量 1軒(100m2)当たり重量
粘土瓦 40kg-50kg程度 4t-5t程度
セメント瓦 20kg程度 2t程度
オークリッジスーパー 12kg程度 1.2t程度